2019.02.18

好奇心旺盛のロバート・シーアンがハマり役! ロンドンに反旗を翻す歴史家見習い トム・ナッツワーシーのキャラクター映像解禁‼

2488_fpf_00559r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1

この度、ロバート・シーアン演じるトム・ナッツワーシーのキャラクター映像が到着致しました!

今回到着したのは、主人公ヘスター・ショー(ヘラ・ヒルマー)と共に冒険をするトム・ナッツワーシーを演じたロバート・シーアンと、本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、トムについて解説する特別映像!ジャクソンが「トムは恵まれた環境で育った。地上に降りたこともない」と明かすように、移動都市ロンドンの上で生まれ育ち、地上の世界を知ることもなく、博物館で歴史家見習いとして働きながら平凡に生きてきたトム。しかしある日、ロンドンに乗り込んできた少女ヘスターの危険な行動を阻止しようとしたところでハプニングが巻き起こり、人生で初めてロンドンから外の世界へ足を踏み出し、へスターとともに冒険へ飛び出すこととなる。そんなトムの姿をロバートは「彼は内なる勇気を持っているんだ」と敬意を込めた様子で説明しています。へスターだけでなく空賊のアナやその仲間たち、空中都市エアヘイヴンをはじめとした新たな場所、そしてロンドンの真の姿を知ることで、さらに成長し、凛々しい顔つきへと変わっていくトム。ジャクソンが「(トムは)冒険に身を置いて初めて自分の夢に気づくんだ」と語るように、旅を経験することで新たな夢や希望、そして自身の使命を見出していくトムの姿に目が離せません!!!

2488_d013_00016r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1-1

ジャクソンは、トムというキャラクターを移動都市の世界に突如身を投げ出される観客の目線と同じにするために、親しみやすく共感を覚える俳優をキャスティングしたいと考えていたといいます。数々のオーディションのなかですべての条件を満たし、唯一選ばれたのがロバート・シーアン!ジャクソンは「ロバートは脚本に書かれていない点までキャラクターについて研究し、完全に役に没頭していた。製作者にとってはありがたいことだ。現場に現れた時にはすでに役を完璧に自分のものにしていて、さらに面白くて魅力的な人物として演じることができる。脚本で表現した以上にね。まさに理想の俳優だよ」とその姿勢を大絶賛!役作りの段階から、並々ならぬ熱意とポジティブなエネルギーをもって撮影に挑んだロバートの好演に期待が高まること間違いありません!

2488_tp3_00124rv2_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1-1

フレッシュなキャスト陣が真っすぐ役と向き合うことによって、キャラクターたちの冒険が生き生きと描かれる本作に是非ご注目ください!

2019.02.15

名俳優ヒューゴ・ウィーヴィングが怪演! 世界の破滅を目論むロンドンの指導者 サディアス・ヴァレンタインのキャラクター映像大公開!

2488_tp2_00032r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、サディアス・ヴァレンタインのキャラクター映像大公開!
ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングと製作のピーター・ジャクソンが役の魅力について語ります!

今回到着したのは、ロンドンの考古学者サディアス・ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングが、製作を務めたピーター・ジャクソンとともにヴァレンタインというキャラクターの魅力について語る特別映像!国民から尊敬され、市長からは特別階級と特権を与えられるほど、ロンドンで最も人望の厚いヴァレンタイン。しかし、ジャクソンが「本当に恐ろしい男だ。新たな指導者になることを望んでいて、最初のイメージとはまったく違う残忍な悪なんだ。」と目を丸くして明かすように、その裏では世界を支配するというとんでもない計画を企てている!ヒューゴはそんな自身の役について「非常に名高い男だ。死に瀕しているこの世界には衝撃が必要だと考えている。目的のためなら誰が死んでも構わない」と心に秘めた野望を叶えるためなら犠牲を厭わない冷徹なヴァレンタインの性格を分析。その言葉の通り、映像では凛々しい表情でロンドンを正しき方向へ導いているかと思いきや、怪しいマシンを背に「これがあれば世界を支配できる!」と欲望をむき出しの発言を披露!またある出来事をきっかけに、ヴァレンタインへの復讐を狙う主人公ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)の存在を警戒する素振りも見られ、ふたりの一騎打ちの行方も気になる映像となっています!

2488_swp_ahf_1180_v009r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ヴァレンタインという二面性を持った複雑なキャラクターに俳優をキャスティングするにあたり、製作陣のなかではヒューゴ・ウィーヴィングが満場一致だったそう!ピーター・ジャクソンは「ヒューゴは自信にあふれているし、完全に信頼を置いているよ。ヴァレンタインは歪んだモラルの持ち主で、ヒューゴはそんなキャラクターに堂々とした沈着さを与えることができる。それに、ヴァレンタインのダークな面を驚きの方法で掘り下げていくんだ」と、その見事な仕事っぷりを大絶賛しています。

2488_tp3_00110r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

『マトリックス』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズで幅広く活躍するだけでなく、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズですでにジャクソンとの信頼関係をも築き上げたヒューゴ・ウィーヴィングとヴァレンタインの劇中の活躍にも是非ご注目ください!!!

2019.02.13

存在感たっぷり!若手女優ヘラ・ヒルマーが熱演! 復讐を誓い、ロンドンを追う孤高の少女 主人公へスター・ショウのキャラクター映像解禁‼

%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a0_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、新鋭女優ヘラ・ヒルマー演じるヘスター・ショウのキャラクター映像が到着致しました!

今回到着したのは、本作の主人公へスター・ショウを演じたヘラ・ヒルマーと本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、へスターについて解説する特別映像!ピーター・ジャクソンが「ヘスターは社会ののけ者だ。孤児なんだ」と明かすように、幼少期での出来事をきっかけに、子どもながらにたった一人で移動都市の世界を生き抜いてきたへスター。当時の復讐を胸にロンドンへ潜入するが、ヘラが「へスターは仲間たちと共に真実を知ることになる」と語るように、ロンドンの博物館で見習いとして働くトムや、へスターの過去を知る空賊のアナと出会い冒険するなかでロンドンに隠されたとんでもない秘密を知ることとなる。映像内では凛々しい表情のヘスターが仲間とともに数々の困難を乗り越える本編映像も映し出され、そんなヘスターの姿を「型破りなヒーローだ!」とジャクソンも太鼓判!を押しています。

2488_tp3_00170r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ジャクソンは「移動都市」の実写化を決めた理由として、“へスター・ショウというキャラクター”を挙げており、「ヘスターはこれまで見たことのないようなキャラクターに思えたんだ。ヘスターほど幾層にも重なる複雑な深層心理を持つキャラクターはいないと思った。白黒や善悪を決めつけられるようなキャラクターではないんだ」とその魅力を熱弁。またそんな複雑なキャラクターを見事演じきったヘラはヘスターを演じるにあたって「物語の冒頭でのヘスターは怒りと悲しみの塊のような人で、とにかく復讐することしか考えていない。でも徐々に自分にはもっと色々な一面が秘められていると知ることになるの。ヘスター役をきちんと演じ上げるためには、とにかくまず彼女の心の奥を理解することに努めたわ」と明かしています。

2488_d028_00031r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba2488_d002_00006r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

新鋭女優ヘラ・ヒルマーによる新たな女性主人公誕生にますます期待が高まること間違いなし!
その冒険の行方は劇場の大きなスクリーンでご覧ください!

2019.02.08

「愚かな火遊びをしている…」 誰もが憧れる英雄がギラリとした目つきで意味深発言!! サディアスが裏の顔を覘かせる本編映像解禁‼

2488_fpf_00090r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba-1-2

希少で危険な“オールドテク”の発見に思わず裏の顔を覘かせるサディアス。
この度、サディアスの意味深な発言に不審な気持ちが高まるトムとキャサリンの本編映像が到着致しました!

今回解禁された映像は、ロンドンの人々から尊敬されており市長から特別階級と特権を与えられた考古学者のサディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)と、その娘であるキャサリン・ヴァレンタイン(レイラ・ジョージ)、そして、ロンドンの博物館で見習いとして働き、サディアスのことを崇拝するトム(ロバート・シーアン)の3人が、喰ったばかりの岩塩採掘都市から希少なオールドテク(過去の古代技術)を発見するワンシーン。「岩塩採掘都市のごみには貴重な“オールドテク”がある」と言いながら、サディアスが発掘者から受け取ったオールドテクを見て「まさか!」と驚きの声を上げるトム。それはフュージョン・インバーターと呼ばれる物で、一部の人が盗みを働かせるほど希少でとても危険なパワーを秘めた珍しいオールドテクだった!誰にも渡さず適切に処分すると言いながら大切そうにハンカチに包み懐にしまったサディアスは「工学士は我が物顔で困るよ。(奴らは)愚かな火遊びをしている…」と意味深な発言をするが、その意図が汲み取れなかったトムは困惑した様子をみせる。果たしてサディアスが言う“火遊び”とは一体何のことなのか…?ロンドン市民にとって絶対的に信頼できる存在でありながらも、ギラリとした怪しい目つきで裏の顔を覘かせる、ヒューゴ・ウィーヴィング演じるサディアスの姿に要注目の映像に仕上がっています。

2488_fpf_00119r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba-2-2

サディアスを演じたヒューゴ・ウィーヴィングは、自身のキャラクターについて「彼は誰もが知るロマンチックな英雄だが、実はアウトロンドンの出身で孤独を抱えている。独立心が強く、非常に知的で機知に富んだ冒険家だが、複雑な面も多い。ストーリーが進むにつれ、彼の生い立ちや内面が明かされていく。彼のダークな面を知ることになるんだ」と説明。

本映像で描かれている通り表と裏の二つの顔を隠し持つサディアスが企むこととは一体!? 夢や希望を胸に抱くトムたちに容赦なく立ちはだかる物語の行方にご期待下さい!

2019.02.06

第17回アメリカ視覚効果監督組合賞“ロンドン”がモデル賞を堂々受賞!!

 この度、現地時間の2月5日に第17回アメリカ視覚効果監督組合賞の受賞結果が発表され、本作に登場する巨大で凶悪な敵、“移動都市ロンドン”がモデル賞を受賞!ひしめき合う強豪ノミネート作品の中で堂々と大勝利を収めました!  

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e7%a7%bb%e5%8b%95%e9%83%bd%e5%b8%82%ef%bc%8f%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%b3_%e3%83%aa%e3%82%b5

本作は、『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで5度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

先立って本作を鑑賞したマスコミ陣からも、「移動都市ロンドンが小さな都市を飲み込む映像は圧巻!」、「移動都市が圧倒的な迫力でスクリーンを動き回る様子に感動!」、「この映像力は、さすがWETAデジタル!」と、その圧倒的画力に絶賛の声が相次いでいる本作ですが、ビジュアルエフェクトの芸術性と革新性に優れた作品に贈る同賞の戦いに本作最大の悪役である“ロンドン”が見事大勝利!!授賞式にはWETAデジタルに所属するクリエイターのサム・トラック、マシュー・サンドバル、ジェームズ・オグル、ニック・ケラーが参加し、受賞に対して感謝のスピーチを述べました。
ロンドンはもちろん、他の移動都市をはじめとした本作のコンセプトアートを担当し、監督が「フォルムと光への理解が素晴らしく、決断力があるアーティスト」と評するニック・ケラーは「(原作者の)フィリップ・リーヴが手掛けた挿絵には美しい奇抜さがあったし、彼の構想はできるだけ映画にも採用しようと思ったんだ。全ては誰も見たことのない新しいものを作る作業であり、この作品はそれが詰まっている」と独特な世界観を映像化するにあたってのこだわりを明かしています。

世界最高峰のVFXチームWETAデジタルが生き生きと描き出す最強の敵ロンドンの存在感を、ぜひ映画館でお確かめ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第17回アメリカ視覚効果監督組合賞 受賞結果】

◆モデル賞(ロンドン)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1 2 3 4 5 6