2019.02.21

へスターの衝撃の素顔と ヴァレンタインの恐ろしい正体が明らかに! へスターとトムの新たな冒険が始まる本編映像解禁!

2488_fpf_00099r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、へスターの素顔と、それに纏わるヴァレンタインの正体を知ってしまったトムが、
ヴァレンタインによってロンドンの外へ放り出されてしまう本編映像が到着致しました!

今回到着したのは、主人公ヘスター(ヘラ・ヒルマー)が、長年の復讐相手であるヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)に暗殺を試みるものの、ヴァレンタインを慕う青年トム(ロバート・シーアン)に邪魔され追われるワンシーン。ロンドンから逃げ出すためにダストシュートに飛び込もうとするヘスターだが、トムに腕を掴まれた反動で、赤いマフラーで隠れていた顔の傷があらわに!驚くトムに対し、ヘスターは「見なよ!奴(ヴァレンタイン)は母さんを殺した!」と言い放ち、ダストシュートの底へと落ちて行く。信じがたい言葉に混乱状態のトムは、追いついたヴァレンタインに、ヘスターから衝撃的なことを伝えられたと打ち明けてみるも、その表情に違和感をみせるヴァレンタイン。嫌な予感を察し「もう行かないと…」とその場を去ろうとするトムだが、なんとヴァレンタインは「ああ、行きたまえ」と冷たい眼差しを見せながら、背面の手すりを蹴り破り、へスターが消えていったダストシュートへとトムを突き落としたのだった!果たして、ヘスターとサディアスの過去に一体何があったのか…?母を殺された復讐心だけを胸に生きるヘスターと、サディアスの裏の顔を知ってしまった事でロンドンから追放されたトムたちはどうなるのか!?

2488_swp_ahf_1180_v009r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ヴァレンタイン対して真逆な感情を持ったふたりがスタートさせる壮大な冒険物語のきっかけを描いた重要なシーンとなっている本映像。ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングは、ヘスターとトムについて「それぞれまったく異なる二人は偶然出会い、そしてお互いに協力し合わなければならない事態となる。この二人はそれぞれ道に迷ってしまっている。二人とも自分たちのギルドから追放されてしまったからね。お互いの違いを超えて協力し合う彼らの旅路は、とても魅力的な物語だ。本作は最初から最後まで彼らの旅路を辿りながら展開する。私にとってはそこが本作の魅力だね。」とコメントしており、2人が支え合いながら成長し巨大な敵に立ち向かっていく姿がどのように描かれていくのかますます期待が高まるばかり!

2488_fpf_00218r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
2488_swd_thw_0780_v275r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ピーター・ジャクソンが新たに描き出す、若き反逆者たちの希望に溢れた冒険物語に是非ご注目下さい!

2019.02.20

山崎貴、樋口真嗣、瀬下寛之、小林裕幸、Production I.G、白組、デジタル・フロンティア 超異色のクリエイター陣から推しコメント続々到着!!

In Mortal Engines, large traction cities such as London (left) hunt down and devour smaller traction towns (right) to strip them of their labor and resources. The film is directed by Christian Rivers, and written by Fran Walsh, Philippa Boyens and Peter Jackson based on the novel by Philip Reeve.

この度、一足先に本作を鑑賞し、移動都市の世界を目の当たりにした、超異色のクリエイター陣から、推しコメントの数々が到着いたしました!!!

公開に向けてますます期待が高まっている本作。そんな中、WETAデジタルが手掛ける世界最先端のCGIによるド迫力映像や、“都市が都市を喰う”という斬新な世界観、こだわりが詰まったガジェットたちに心を鷲掴みにされた、映画、ゲーム、アニメといった各界の映像クリエイターたちがいち早く本作を鑑賞!!!

2488_tp2_00047r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ、7月には新作『アルキメデスの大戦』の公開も控える山崎貴監督「こんな荒唐無稽な世界感を最高の技術で裏打ちして、まるで現実のように見せてくれるピーター・ジャクソンのチームの技に驚愕しました」と名匠が手掛けた世界観の魅力をコメント。

映画『シン・ゴジラ』で知られる樋口真嗣監督「食街都市アペタポリス対空中暴走族バトルドローン軍団!ジョギリチップを探し出し、全てを破壊する雷撃コブラ砲を止めろ!」と、“食欲”や“首都”とまさに本作を意味する“アペタポリス”という造語を生み出し、本作と同じく東宝東和配給の『サランドラ』(77)で知られる伝説のキャッチコピー“ジョギリ・ショック”を引用するという技を繰り出した他、さらには『ロボコップ』(87)の武器も用いるという映画愛&東和愛を見せつけた一言。

2488_tp2_00032r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

また、劇場版アニメ『亜人』を手掛けた瀬下寛之監督は、「冒頭数分だけで目眩、驚愕、ずっと疾走感に酔っていたいと思える。まさに想像を超える映像体験が本作であり、心底鳥肌モノだ」と、映像迫力に圧倒された心境を語り、ゲーム「ニーア」シリーズを手掛けたゲームディレクターのヨコオタロウさんは「『都市が移動しながら喰いあう?メチャクチャな設定だな』と思った貴方。大丈夫。さらに想像の斜め上からロンドンが突っ込んできます」と、本作独特の世界観に対して太鼓判を押しています。

2488_d028_00031r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

さらに、映画『シン・ゴジラ』等の准監督・特技統括特撮監督である尾上克郎さん、アニメ『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ等を手掛けたProduction I.Gの代表取締役社長・プロデューサーを務める石川光久さんや、映画『いぬやしき』等でVFXスーパーバイザーを担当しているデジタル・フロンティア所属の土井淳さん、映画『永遠の0』等でVFXディレクターを務めている白組所属の渋谷紀世子さんや、『シン・ゴジラ』等のVFXディレクターを務めた佐藤敦紀さん、「ウルトラマン」シリーズ、「ゴジラ」シリーズ、「ガンダム」シリーズで数々のイラストを手掛けた怪獣絵師の開田裕治さん、ゲームや映画の『バイオハザード』シリーズのプロデューサーを担当した小林裕幸さんといった世界中で名の知れた映像作品の数々を創り上げてきたプロフェッショナルの方々から、Twitterで映画ファンから絶大な人気を誇る人間食べ食べカエルさん共食いゾンビさんまで多方面で活躍する方々からコメントが到着!

2488_fpf_00038br_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

日本を代表するクリエイター陣を圧倒する『移動都市/モータル・エンジン』に是非ご期待ください!

コメントページはこちら

2019.02.18

好奇心旺盛のロバート・シーアンがハマり役! ロンドンに反旗を翻す歴史家見習い トム・ナッツワーシーのキャラクター映像解禁‼

2488_fpf_00559r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1

この度、ロバート・シーアン演じるトム・ナッツワーシーのキャラクター映像が到着致しました!

今回到着したのは、主人公ヘスター・ショー(ヘラ・ヒルマー)と共に冒険をするトム・ナッツワーシーを演じたロバート・シーアンと、本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、トムについて解説する特別映像!ジャクソンが「トムは恵まれた環境で育った。地上に降りたこともない」と明かすように、移動都市ロンドンの上で生まれ育ち、地上の世界を知ることもなく、博物館で歴史家見習いとして働きながら平凡に生きてきたトム。しかしある日、ロンドンに乗り込んできた少女ヘスターの危険な行動を阻止しようとしたところでハプニングが巻き起こり、人生で初めてロンドンから外の世界へ足を踏み出し、へスターとともに冒険へ飛び出すこととなる。そんなトムの姿をロバートは「彼は内なる勇気を持っているんだ」と敬意を込めた様子で説明しています。へスターだけでなく空賊のアナやその仲間たち、空中都市エアヘイヴンをはじめとした新たな場所、そしてロンドンの真の姿を知ることで、さらに成長し、凛々しい顔つきへと変わっていくトム。ジャクソンが「(トムは)冒険に身を置いて初めて自分の夢に気づくんだ」と語るように、旅を経験することで新たな夢や希望、そして自身の使命を見出していくトムの姿に目が離せません!!!

2488_d013_00016r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1-1

ジャクソンは、トムというキャラクターを移動都市の世界に突如身を投げ出される観客の目線と同じにするために、親しみやすく共感を覚える俳優をキャスティングしたいと考えていたといいます。数々のオーディションのなかですべての条件を満たし、唯一選ばれたのがロバート・シーアン!ジャクソンは「ロバートは脚本に書かれていない点までキャラクターについて研究し、完全に役に没頭していた。製作者にとってはありがたいことだ。現場に現れた時にはすでに役を完璧に自分のものにしていて、さらに面白くて魅力的な人物として演じることができる。脚本で表現した以上にね。まさに理想の俳優だよ」とその姿勢を大絶賛!役作りの段階から、並々ならぬ熱意とポジティブなエネルギーをもって撮影に挑んだロバートの好演に期待が高まること間違いありません!

2488_tp3_00124rv2_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99-1-1

フレッシュなキャスト陣が真っすぐ役と向き合うことによって、キャラクターたちの冒険が生き生きと描かれる本作に是非ご注目ください!

2019.02.15

名俳優ヒューゴ・ウィーヴィングが怪演! 世界の破滅を目論むロンドンの指導者 サディアス・ヴァレンタインのキャラクター映像大公開!

2488_tp2_00032r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、サディアス・ヴァレンタインのキャラクター映像大公開!
ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングと製作のピーター・ジャクソンが役の魅力について語ります!

今回到着したのは、ロンドンの考古学者サディアス・ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングが、製作を務めたピーター・ジャクソンとともにヴァレンタインというキャラクターの魅力について語る特別映像!国民から尊敬され、市長からは特別階級と特権を与えられるほど、ロンドンで最も人望の厚いヴァレンタイン。しかし、ジャクソンが「本当に恐ろしい男だ。新たな指導者になることを望んでいて、最初のイメージとはまったく違う残忍な悪なんだ。」と目を丸くして明かすように、その裏では世界を支配するというとんでもない計画を企てている!ヒューゴはそんな自身の役について「非常に名高い男だ。死に瀕しているこの世界には衝撃が必要だと考えている。目的のためなら誰が死んでも構わない」と心に秘めた野望を叶えるためなら犠牲を厭わない冷徹なヴァレンタインの性格を分析。その言葉の通り、映像では凛々しい表情でロンドンを正しき方向へ導いているかと思いきや、怪しいマシンを背に「これがあれば世界を支配できる!」と欲望をむき出しの発言を披露!またある出来事をきっかけに、ヴァレンタインへの復讐を狙う主人公ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)の存在を警戒する素振りも見られ、ふたりの一騎打ちの行方も気になる映像となっています!

2488_swp_ahf_1180_v009r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ヴァレンタインという二面性を持った複雑なキャラクターに俳優をキャスティングするにあたり、製作陣のなかではヒューゴ・ウィーヴィングが満場一致だったそう!ピーター・ジャクソンは「ヒューゴは自信にあふれているし、完全に信頼を置いているよ。ヴァレンタインは歪んだモラルの持ち主で、ヒューゴはそんなキャラクターに堂々とした沈着さを与えることができる。それに、ヴァレンタインのダークな面を驚きの方法で掘り下げていくんだ」と、その見事な仕事っぷりを大絶賛しています。

2488_tp3_00110r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

『マトリックス』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズで幅広く活躍するだけでなく、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズですでにジャクソンとの信頼関係をも築き上げたヒューゴ・ウィーヴィングとヴァレンタインの劇中の活躍にも是非ご注目ください!!!

2019.02.13

存在感たっぷり!若手女優ヘラ・ヒルマーが熱演! 復讐を誓い、ロンドンを追う孤高の少女 主人公へスター・ショウのキャラクター映像解禁‼

%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a0_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、新鋭女優ヘラ・ヒルマー演じるヘスター・ショウのキャラクター映像が到着致しました!

今回到着したのは、本作の主人公へスター・ショウを演じたヘラ・ヒルマーと本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、へスターについて解説する特別映像!ピーター・ジャクソンが「ヘスターは社会ののけ者だ。孤児なんだ」と明かすように、幼少期での出来事をきっかけに、子どもながらにたった一人で移動都市の世界を生き抜いてきたへスター。当時の復讐を胸にロンドンへ潜入するが、ヘラが「へスターは仲間たちと共に真実を知ることになる」と語るように、ロンドンの博物館で見習いとして働くトムや、へスターの過去を知る空賊のアナと出会い冒険するなかでロンドンに隠されたとんでもない秘密を知ることとなる。映像内では凛々しい表情のヘスターが仲間とともに数々の困難を乗り越える本編映像も映し出され、そんなヘスターの姿を「型破りなヒーローだ!」とジャクソンも太鼓判!を押しています。

2488_tp3_00170r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ジャクソンは「移動都市」の実写化を決めた理由として、“へスター・ショウというキャラクター”を挙げており、「ヘスターはこれまで見たことのないようなキャラクターに思えたんだ。ヘスターほど幾層にも重なる複雑な深層心理を持つキャラクターはいないと思った。白黒や善悪を決めつけられるようなキャラクターではないんだ」とその魅力を熱弁。またそんな複雑なキャラクターを見事演じきったヘラはヘスターを演じるにあたって「物語の冒頭でのヘスターは怒りと悲しみの塊のような人で、とにかく復讐することしか考えていない。でも徐々に自分にはもっと色々な一面が秘められていると知ることになるの。ヘスター役をきちんと演じ上げるためには、とにかくまず彼女の心の奥を理解することに努めたわ」と明かしています。

2488_d028_00031r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
2488_d002_00006r_grd_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

新鋭女優ヘラ・ヒルマーによる新たな女性主人公誕生にますます期待が高まること間違いなし!
その冒険の行方は劇場の大きなスクリーンでご覧ください!

1 2 3 4