2019.03.07

『ドント・ブリーズ』で最強盲目老人を演じたスティーヴン・ラングが 次に選んだのは最強の人造人間シュライク!!! シュライクが圧倒的怪力で襲い掛かる本編映像解禁!

2488_tp3_00133r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この度、シュライクが緑の目を光らせながら圧倒的怪力で襲い掛かる本編映像が到着致しました!

今回到着したのは、ロンドンから放り出され、地上を彷徨っていた主人公のヘスターとトムが、人造人間のシュライクに居場所を突き止められて襲撃されるワンシーン。人間の身勝手によって何年も昔に殺戮兵器として造り出されたシュライクだが、劇中ではある理由をきっかけにヘスターを執念に追いかけるように…。緑の目を怪しく光らせ、「彼女(ヘスター)を殺してやる…」と繰り返しつぶやき、邪魔するものすべてを排除してでも追跡し続ける姿は、殺す目的だけがプログラミングされた人間の心を持たない殺戮兵器そのもの!解禁された映像では、ヘスターが反移動都市同盟のアナの飛行船に乗り遅れたトムにロープをぶら下げて助けようとするも、シュライクがロープを足で引き留め、その動きを阻止!シュライクの足の指の力の強さのあまり床はバリバリとめりこみ、圧倒的な怪力で飛行船は丸ごと地面に引きずり落とられそうな有様に…!殺戮兵器として開発されたシュライクが持つ恐ろしいほどのパワーに、目を疑わずにはいられない映像に仕上がっています。果たして、突如現れた刺客、謎の人造人間シュライクから、ふたりは無事に逃げ切ることが出来るのか?!

2488_fpf_00218r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

『ドント・ブリーズ』(16)で最強の盲目老人を怪演し、映画ファンに大きな衝撃を与えたことも記憶に新しいなか、本作では最強の人造人間シュライクに大抜擢されたスティーヴン・ラング。スティーヴンは、人間とは一線を画したキャラクターのいびつな動きを表現するにあたり、バレエダンサーのルドルフ・ヌレエフによる“白鳥の湖”の踊りを参考にしたそうで「普通、私たちが動く時には重りのように力が拮抗するが、ヌレエフは腕を微動だにせず、後方の位置に保ったまま動いていた。羽を折りたたんだ白鳥そのものだったよ。非常に優美で、微かにロボット的な要素もあった。これこそシュライクの動きだと思ったんだ」と、独自の分析とともにこだわった役作りについて明かしています。

2488_fpf_00182r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

恐ろしい殺戮兵器でありながら、実は劇中で愛に溢れたエピソードも明かされていくシュライク。そのギャップの愛らしさ(!?)から出演者からも人気の高いキャラクターとなっており、トムを演じたロバート・シーアンは「とても謎めいていて、ぞっとするようなキャラクターだが、同時に引き込まれるような魅力を持っている。きっと日本のお客さんはシュライクに魅力を感じてくれると思う。」と太鼓判!実際に既に本作を見た鑑賞者からも「シュライクのシーンは泣けた。まさかこの映画で泣くとは…」「シュライクエモい!!!」といった共感と絶賛の声が続出しています!

最強の盲目老人から、本作で最強の人造人間へと進化したスティーヴン・ラングが、本作では一体どんな怪演を見せてくれるのか!? そんなシュライクの過去に秘められた驚きのエピソードにも是非ご注目ください!