2019.02.06

第17回アメリカ視覚効果監督組合賞“ロンドン”がモデル賞を堂々受賞!!

 この度、現地時間の2月5日に第17回アメリカ視覚効果監督組合賞の受賞結果が発表され、本作に登場する巨大で凶悪な敵、“移動都市ロンドン”がモデル賞を受賞!ひしめき合う強豪ノミネート作品の中で堂々と大勝利を収めました!  

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e7%a7%bb%e5%8b%95%e9%83%bd%e5%b8%82%ef%bc%8f%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%b3_%e3%83%aa%e3%82%b5

本作は、『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで5度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

先立って本作を鑑賞したマスコミ陣からも、「移動都市ロンドンが小さな都市を飲み込む映像は圧巻!」、「移動都市が圧倒的な迫力でスクリーンを動き回る様子に感動!」、「この映像力は、さすがWETAデジタル!」と、その圧倒的画力に絶賛の声が相次いでいる本作ですが、ビジュアルエフェクトの芸術性と革新性に優れた作品に贈る同賞の戦いに本作最大の悪役である“ロンドン”が見事大勝利!!授賞式にはWETAデジタルに所属するクリエイターのサム・トラック、マシュー・サンドバル、ジェームズ・オグル、ニック・ケラーが参加し、受賞に対して感謝のスピーチを述べました。
ロンドンはもちろん、他の移動都市をはじめとした本作のコンセプトアートを担当し、監督が「フォルムと光への理解が素晴らしく、決断力があるアーティスト」と評するニック・ケラーは「(原作者の)フィリップ・リーヴが手掛けた挿絵には美しい奇抜さがあったし、彼の構想はできるだけ映画にも採用しようと思ったんだ。全ては誰も見たことのない新しいものを作る作業であり、この作品はそれが詰まっている」と独特な世界観を映像化するにあたってのこだわりを明かしています。

世界最高峰のVFXチームWETAデジタルが生き生きと描き出す最強の敵ロンドンの存在感を、ぜひ映画館でお確かめ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第17回アメリカ視覚効果監督組合賞 受賞結果】

◆モデル賞(ロンドン)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー