2018.12.11

ピーター・ジャクソンの母国 ニュージーランドをはじめとする、17の国と地域で初登場1位を堂々獲得!WETAによる世界最高峰のVFX技術で観客を圧倒!

%e4%bb%ae%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

この度、日本に先駆け、12月7日(金)から公開を迎えた本作が、ピーター・ジャクソンの母国であるニュージーランドをはじめとした17の国と地域で初登場No.1を堂々獲得!
まさに本作が巨大都市のように観客を喰いまくる大ヒットスタートを切りました!!

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を原作とする本作の舞台は、たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類は移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を駆逐し、捕食しながら生き続けるという新たな道を選択。地上は“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えた。この荒野は巨大移動都市・ロンドンによって支配されようとしていた。ロンドンは捕食した都市の資源を再利用し、人間を奴隷化することで成長し続ける。小さな都市と人々は、その圧倒的な存在を前に逃げるようにして生きるしかなかった。いつ喰われるかもしれない絶望的な日々の中、その目に激しい怒りを宿した一人の少女が反撃へと動き出す―!

監督はピーター・ジャクソンの右腕として『キング・コング』(05)では第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リヴァーズ。主人公へスター役には、『アンナ・カレーニナ』(12)でハリウッド進出を果たし、海外ドラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』(13~15)などで活躍をみせる新鋭女優ヘラ・ヒルマー。へスターとともに壮大な冒険へと身を投じる青年トムを、俳優として『ムーン・ウォーカーズ』(15)に出演するほかプロデューサーとしても活躍している俳優ロバート・シーアンが務めるなど、物語に新鮮さと深みを与えるピーター・ジャクソン作品ならではのフレッシュな面々が集結。さらに『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作でもおなじみのヒューゴ・ウィーヴィング、『アバター』(09)や『ドント・ブリーズ』(16)のスティーヴン・ラングといった演技派俳優陣が脇を固める。

%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a1

この度、いち早く公開されたピーター・ジャクソンの母国であるニュージーランドをはじめとする各国の劇場へは、新たなる冒険物語を心待ちにしていた熱狂的なファンたちが殺到!ニュージーランドを本拠地とするVFXスタジオ・WETAによる世界最高峰のCG技術と、ピーター・ジャクソンならではの独特的で壮大な物語に圧倒され、まるで巨大都市が小さな都市を襲うように、観客を“喰いまくる”堂々の1位を獲得!今週末公開された国と地域合わせオープニング興行収入1810万ドルを記録しました。日本でも先日最新予告映像が解禁され、“都市が都市を喰う”という独特な設定に、「移動都市ロンドンを倒せとかやばすぎる!」、「これはすごい!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の都市版!?」、など、期待の声が続々と上がっており、ピーター・ジャクソンの新たなる傑作の誕生に期待がかかります。来週には北米の公開も控え、ますます世界中で盛り上がりを見せること間違いなしの『移動都市/モータル・エンジン』に引き続き、是非ご注目ください!